スタンリー・ゲスの創るシルバーアクセサリーを紹介します。 

TOP >> シルバーアクセサリーのメンテナンス法

シルバーアクセサリーのメンテナンス法

シルバーの特徴

シルバーの特徴は、ゴールド、プラチナ等と違い原子的に安定していないため、変化を起こしやすいところだ。
そして、その性質上、汗や空気等に長時間さらされると黒く変色したり、曇りが出てきてしまう。
美しい輝きのまま保存するために、手入れは定期的に行おう。

 

簡単なお手入れ方法

通常シルバーアクセサリーのお手入れは、市販のシルバー磨き用のクロスで傷がつかないように軽く磨く。
また、メガネ拭きなどを代用しても構わない。
それでも、黒ずみが取れない場合は、市販の薬品につけて、輝きをよみがえらせることもできる。
それ以外にも、研磨剤入りの歯磨き粉で軽く磨いても効果がある。

 

Page Top

シルバーの特徴

スタンリーゲスクロムハーツを始めとするシルバーアクセサリーの特徴として、ゴールドやプラチナ等と違い原子的に安定していないため、変化を起こしやすいという点がある。
具体的には皮膚や空気中に長時間さらされることにより、曇りが出てきてしまったり黒ずんでしまうといった現象が起こるのだ。
購入時の輝きのまま保存したい方は、適切なお手入れを定期的に行おう。
しかし、この黒ずみや曇りはシルバーアクセサリーの魅力でもあり…。
長年使い込むことによって味のある風合いが生まれ、深みのある自分だけのアクセサリーへと成長していくことを楽しめるのもシルバーアクセサリーの特徴ともいえるのでは。


簡単なお手入れ方法

曇りや黒ずみはシルバーアクセサリーの魅力のひとつとはいえ、やはり適切なお手入れ方法は知っておくことをオススメ。
通常、シルバーアクセサリーのお手入れは、市販のシルバー磨き用のクロスで傷がつかないよう注意しながら軽く、磨く。
このとき、メガネ拭きなどを代用しても構わない。それでも黒ずみが取れない場合は、市販のクリーナーを使って輝きを甦らせることもできる。
しかしアクセサリーによっては液体が残ることもあるので、研磨剤入りの歯磨き粉で軽く磨いても効果があるだろう。
歯ブラシは毛先の柔らかいものを使用するよう注意しよう。

Page Top

シルバーの種類

純銀では爪でキズがついてしまうほど柔らかいため、通常、合金にして使用されることが多い。

アクセサリーとして使用されるシルバーの種類は、1000(100%)、950(95%)、925(92.5%)、900(90%)、800(80%)、750(75%)の6種類。それぞれの数字はシルバーの含有率を表したものである。一般的には、1000が純銀、純度が925以上のものをスターリングシルバー、900をコインシルバーと呼ぶことが多い。

スタンリーゲスは925を使用するため、各アイテムには「925」や「STERLING(スターリング)」の文字が入っている。

Page Top


Copyright(C)2006 CHRONO All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】