スタンリー・ゲスの創るシルバーアクセサリーを紹介します。 

TOP >> スタンリーゲスについて >> スタンリーゲスの始まり

スタンリーゲスについて

スタンリーゲスの始まり

みなさん「スタンリーゲス」を知っているだろうか?

シルバーアクセサリー界で絶大なる経歴と名声を持ち、賞賛し続けられる「スタンリーゲス」。

そんな彼は、カリフォルニアにある小さな牧場で産まれた。
幼少の頃からすでにクラフトスクールに通い始め、9歳になる頃にはレザー財布やシルバーアクセサリーを作り始めていた。
「神童」と騒がれていたスタンリーゲスも青年となり、1978年から本格的にシルバー製作を始め、当時まだ名も無きシルバーアクセサリーブランドに過ぎなかったクロムハーツが、彼の腕を見込んで、シルバーアクセサリーの鋳型作製を依頼したのだった。

鋳型制作を頼んで以降、クロムハーツはいっそう彼の腕に魅了されさまざまな依頼を出し続け、その度に彼は、クロムハーツが想像した以上の魅力ある商品デザインを提供してきた。
特に現在でもクロムハーツの主力商品であるIDブレスレッドは、最初スタンリーゲスが自分のために作ったブレスレットだったのだが、クロムハーツを人に見せると、そのクオリティの高さ、機能の素晴らしさから大きな賞賛を受け、商品になった。
スタンリーゲスはその後も、クロムハーツにさまざまなデザインを提供し、クロムハーツの成長を支え続け、ついには誰もが知るシルバーアクセサリー界のトップブランドに押し上げていった。

しかし2000年、スタンリーゲスはクロムハーツのデザインから離れ、ついに氏のオリジナルブランドである「スタンリーゲス」を設立するに至った。


「スタンリーゲス」から3種類の魅力あふれるラインがリリースされている。
その中でも特徴的なのが、シルバーに木材をはめ込んだ「ウッドライン」である。

これは彼の幼少期から得た経験と感性、そしてそこから培われたスタンリーの技術があればこそ出来た商品であり、今までにないシルバーアクセサリーとして、多くの名声を勝ち得ている。
その他にはStanley Guessのロゴなどを用いた「クラシックライン」、骸骨(スカル)や死神(リーパー)をモチーフにしたハードな作品である「スカルライン」なども、彼の奇抜なアイデアが多分に含まれており、高い人気を得ている。


スタンリーゲスのシルバーの独創性や技術は年々、その深みを増しており、現在アメリカ、日本のみならず、世界中で愛されている。

 
           

Page Top


Copyright(C)2006 CHRONO All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】