スタンリー・ゲスの創るシルバーアクセサリーを紹介します。 

TOP >> スタンリーゲスについて >> スタンリーゲスの魅力

スタンリーゲスについて

スタンリーゲスの魅力

スタンリーゲスの魅力

クロムハーツを成功に導いたスタンリーゲスの芸術作品は、スタンリーゲスブランドを立ち上げた現在も多くの人を魅了し続けている。そして、彼は自身の経験とデザイン、アイディアを3つのラインに分け発表した。

その、彼の3つのラインとは、「クラシックライン」、有名な「スカルライン」、「ウッドライン」である。

その中でも従来より高級家具や工芸品で使用される硬材(黒檀・マホガニーなど)や色鮮やかな木のコブや根を使ったユニークな組み合わせは、木の暖かさと美しさを持ち、シルバーの持つ独特な気品を際立たせた「ウッドライン」が特筆される。

全ての作品には、彼の手によって一点一点スタンリーゲスのサインが彫られているのである。 スタンリーゲスは、自分のもの創りに対する思いをこう語る。

 

「僕は、マスターピース作りに一切の妥協をしない。 ウッド×シルバーのコンビの場合、微妙な調整に6ヶ月も時間がかかったりする。 ジッポなんかの場合は、納得いく完璧な形に仕上がるまで7年くらいはかかったかな?でも、作業が辛かった事は一度もないよ。 たいていの人は、朝、会社に向かうのにちょっと気が重い場合もあるかもしれないけど、僕は工房に入るのが楽しみでしかたないからね(笑)」

 

スタンリーゲスの魅力

現在、日本国内でスタンリーゲスの人気が高まる一方、従来からのやり方を崩すことなく一点一点ハンドメイドによって作り上げているため、手に入れることが困難なブランドである。 そんな彼の作品がシルバー業界に与える影響を考えると、きっと、ジェームスブラウンが「ソウルの神様」なら、スタンリーゲスは「シルバ-の神様」。 そんな感じではないだろうか。

 

 

 

 

 

 
   

Page Top


Copyright(C)2006 CHRONO All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】